思い出の時が甦るウォータークリーニング

未分類

「無理にでも面白がることで本物になる」3/20(土)

投稿日:

仕事が出来る人は、仕事を面白がることができる人です。

脳科学的には、「快」「不快」を判断している扁桃核という

部位が仕事に対して「快」の状態にあるということです。

 

そうした人たちが集まった会社、団体は上手くいきます。

ですが、必ずしてもすべての仕事が面白いわけではありません。

 

そのようなときには、まず仕事が面白いふりをします。

そうなれば自分の気持ちも変化してきます。

すると、扁桃核は「快」を示していくでしょう。

 

また、マイナスイメージを生む仕事が来ることを事前に

想定して気持ちを準備しておくことが大事です。

そうすれば「来た来た」とその状況を楽しむことが出来ます。

・・・・・・・・・・

 

突如、一枚のファクスと履歴書が送られてきました。

タウンワークからの申し込みは後を絶ちません。

本当にコロナ禍で就職難なのだと思います。

内容を読みながら「・・・・」。

 

とても胸を打つものがありました。

正直言って、

いろんな日本の方を面接するのですが、

こういった純粋で素直なエネルギーを感じたことがありません。

 

早々、サポート会社に連絡を取って、

来週の月曜日に面接をすることにしました。

面接とはお見合いです。

 

ただ、日本の人でもこういった内容の文書をなかなか書けないです。

そして何よりも「本気度」が伝わってきます。

結局、お見合いは3名ということになりましたが、

純粋で素直な自分力と学習能力が高ければいいですね。

そして上手くいけばいいです。

 

お国柄と言うか、とても家族を大切にして

勤勉で努力家が多いと聞きます。

今まで他国の人を・・・と考えたことは一度もありませんでしたが、

多様性。共に生き、共に同じ目的で、共に理想の目標に熱く向えるというのは

やはりその人の人間性や情熱がすべてだと思います。

 

だから、

月曜日をとても楽しみにしています。

多分、このブログを見ていると思います。

気をつけて君津へ来て下さい。

待っています。

・・・・・・・・

 

3月の標語は

「幸せは遠くじゃなく、近くにある」

~不幸とは自分がしあわせでることに気づけないこと~

と、書きました。

 

人は前の世からの様々な因縁によって

様々な国に生まれ、地域に生まれ、家系に生まれてきます。

そしてこの日本の国に生まれることができるのは、

治安の良さや四季の季節感や奥の深い死生観を考えると、

とんでもなくラッキーなことであり、

とてもとても相当の順縁がない限り

生まれて来れる環境ではないと、感じます。

 

そういった稀有な超恵まれた環境に生まれてきたのだと

実感できない限り、その人はいつまでも

苦しみと共に生きる人生となるでしょう。

 

とにかく、与えられた環境に感謝して

生かされて生きることのできているこの「いのち」を

頑張って生きなければならない。

そのためには出来る最大限の努力を個々が行って

クオリティの高い仕事で夜の為人の為に貢献しなけれぱならない。

心からそう思います。

 

また、

そういった生き様を

後ろから来る人たちに見せることによって

組織やその家その家の生き様の文化が遺伝子となって

後の人たちの「いのち」に自然と継承されていくわけで、

今生きている人たちはとても大きな責任と使命があると

思っています。

 

そして日本という国に憧れを持ってくれている

他国の純粋な人たちに対しても、

当然、責任と使命があります。

 

・・・・・・・・・・

 

田中さん。

気を使ってくれてありがとう。

また遊びに来てね。

 

 

そして、山本さん。

そうかあ・・相撲行ってきたんだ。

みんなでいただきます。ありがとう。

しっかり勉強しましょうね。

 

 

下記の技術ブログでは

 

うちのスタッフたちや関係者の皆さんが最低限認識しておかなければならないメンテナンスやクリーニングの基本、または弊社の特性等の内容をまとめて掲載しています。

 

3月末には「3月28日(日)」までの「新人さんいらっしゃ~い!」技術ブログの3月末試験を行います。フロント(接客)の人たちはワイシャツ・ドレスシャツのアイロンプレスの試験が3月末にはあります。

 

クリーニング師や繊維製品品質管理士の資格を持っていてもペーパードライバーと同じで、見ている限り実践の自分力や現場力では、ほぼほぼ役に立ってないのが現実です。明日からは繊維等の基礎知識です。

 

同じように4月、5月、6月と月末には試験を行いますので、メンテナンスのプロとしてお客様に対して信頼と責任を持てるために最低限の勉強をしましょう。

 

こういうのは真面目で努力家の海外の留学生たちは強いんだろうなあ。

 

原点回帰!スタッフたちのいい刺激になります。有難い。

 

 

 2021/03/20   -未分類

 変色と脱色(色はげ)   クリーニング店での店頭の説明や 染み抜き処理後のカードなどのお知らせで…「このシミは、変色していのので・・・」「このシミは、脱色しているので・・・」 などの説明を ...

「ウエットクリーニングとウォータークリーニング」

 2021/03/19   -未分類

    ウェットクリーニング ウェットクリーニングとは、本来ドライクリーニングをすべき衣類(洗濯絵表示が手洗い×の表示の衣類)を水を使って洗浄する方法をウェットクリーニングといいます。   ...

「ドライクリーニングについて」

 2021/03/18   -未分類

  ドライクリーニングについて   ドライクリーニングは、1830年頃にフランスで開発さ れ、水で洗うと型崩れや縮み、色落ちなどが発生する衣 類を水の変わりに有機溶剤を使うことによって衣類へ ...

「シリコーンとクラスタルウォーターの合わせ技」3/17(水)

 2021/03/17   -未分類

昨日はバルカナイズロンドにお客様のお荷物が着いて、 そのお荷物を検品した荒川くんから、   「配送はキレイに届いてました」 「品物はまるで新品のようでした」 「ウールのスーツとジャケットとコ ...

 2021/03/16   -未分類

衣類には様々なシミが付きます。 食べ物のシミ、 ファンデーション、 口紅などの化粧品のシミ、 インクジミや 機械油のシミ、 墨汁のシミに、 汗や血液、 よだれ、 おしっこなど体から出る シミ等多種多様 ...

「スーツの検品のお話し」3/16(火)

 2021/03/16   -未分類

日々入荷してくるスーツを検品する時に、 必ずシミや汚れをチェックしていきます。   汚れやすいポイントは、同時に、 洗う時の前処理で重点的に汚れ落としをするポイント でもあります。 &nbs ...

「受付時の検品」3/15(月)

 2021/03/15   -未分類

カビと他のメンテナンスのお話をしようと思ったのですが、 新しい場所でウォータークリーニングの受付が始まっていたり、 始まるということもあり、少しばかり現実的なお話をすることにしました。 また、以下の内 ...

「カビ~嫌々~」3/14(日)

 2021/03/14   -未分類

コロナ禍で、外出が少なくなった人たちの大きな悩みの一つが、 クローゼットの中に仕舞いこんでいた洋服やレザーアイテム等の カビ被害です。 このカビ被害防止は、とにかくカビが生えないように、まず、洋服 で ...

-未分類

Copyright© , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.