社内報

第1号(3月2018年)

投稿日:2018年3月29日 更新日:


「今よりも もっとよく」~NCネットワーク

「死の瞬間、神と対面する時、私たちは愛において審判を受けるのです。何を成し遂げたかではなく、自分のおこないにどれくらいの愛をそそぎ込んで来たのかが重要なのです」 マザ―テレサ 愛されることより、「愛する」ことを。理解されることよりは、「理解」することを。

 2月14日はバレンタインの日。今年もチョコがキタぁぁぁぁ~~!!!


妻、娘、息子の嫁、法友、うちのスタッフたち、そして、私が理事長を務める保育園のスタッフたち、兵庫の青果業「(株)廣瀬」のスタッフたち、京都老舗蕎麦屋「だる満」のスタッフたち、関連会社のスタッフたち・・・と、山ほどいろんなチョコが送られてきました。で、チョコずくしであろうと予測した派遣のスタッフたちからは元気にガンバの健康茶をプレゼントされました。

まったく地域も職種も違いますが、「今よりももっとよく」をテーマに仕事にガンバッテル縁ある異業種ネットワークの人たちからの贈り物です。これを全部一気に食べたら間違いなく糖尿ですが、ギリでも一人ひとりが心を込めて贈ってくれるチョコの温かい気持ちがとっても嬉しいです。

男性スタッフの一人が「代表、こうやってチョコを通して愛情をいただくと、今までの自分は、人に対して何をしてきたんだろうか?何を与えて来たんだろうかって考えます・・」としみじみ言ってました。人間はこういったことを考え始めると、少しずつ仕事の質も変わり始めるものです。

良い職人とは、仕事に愛情を注いだ人のこと。良い人生とは、自分が大いに愛情を「出したか」「与えたか」否かで決まります。

●ナチュラルクリーンは「今よりももっとよく」をテーマに、常にスタッフ一人ひとりの「人間力」「技術力」「サービス力」を磨き続けています。
 

「福は外 福は内」~NCの豆まき

 2月といえば「節分」「豆まき」ですが、NCでは会社の玄関、本店の玄関、工房の入り口、工房の裏口で「豆まき」をします。そして「豆まきの心得」は、その後の掃除に在ります。まいた豆の回収時に、工房のホコリを発見し、キレイに掃き清めます。それで新しい旧暦の正月をスタートさせます。

「豆まき」の時の掛け声は、「鬼は外 福は内」じゃなくて「福は外、福は内」です。今年も、外の人も内の人も、みんなが仕合せになりますようにという願いを込めて、「福は外、福は内」で豆を蒔きました。全員でそこに向って頑張ります。


 うちの会社はみんな生涯現役を目指しています。
アイロンプレス職人の中川さんはクリーニング歴65年、現在81歳。一着2,310円のドレスシャツを仕上げているのは中川名人。高額にもかかわらず仕上がりと着心地の良さでリピーターは増える一方。まだまだ現役バリバリです。
 このコーナーでは中川名人と共に歩いてきた「クリーニングの今昔」をインタビューしていきたいと思っています。中川さんがクリーニングの世界に入ったのが中学を出た15歳の時です。今はすべてが便利になりましたが、今のようにタンブラーや乾燥ボックスが無い時代は、外に7~8メートルの高い柱を立てて、それに4段くらい綱を張り、洗ったシャツやシーツの裾の端を、綱の目に挟んで天日干ししていました。

その様子は、爽快なものでした。そして、仕上げ台は、今のようにバキュームがある訳ではなく、長い机の上に座布団のような布団が載っていて、5~6人が並んでシャツの仕上げをしていました。

それぞれが、仕上がったシャツを仕上げ台の前に積み上げていって、そのシャツの高さによって給料が決まっていました。早く仕上げるには、とにかく体力勝負で、みんなギラギラしていてハングリーそのもの。7キロの鉄アレイで毎日鍛えていました。今でもその鉄アレイが家にあります。今、トレーニングに使っているのは軽くなって3キロですけどね。




「走れ!ふ~ちゃん」総合受付 早川富美子

 総合受付の早川さんのことをみんな「ふ~ちゃん」と言います。ふ~ちゃんはいつも総合受付で入荷した品物の写真撮影やコンピューター入力で走り回ってます。
写真撮影で走る?コンピューター入力で走る????何かを取りに行くのは 全力で走る。これは分かる。だけど、写真撮影でも入力でも走るぅぅぅぅ??????? 手が、足が、体全体がどんどんピョンピョン走ってるぅぅぅ!!


プロとは、仕事を通して加速をつけて前向きになっていくことです。そして、人間力とは、明るいこと、前向きなこと、ポジティブな躍動を仕事の姿を通して語られる人が、本当の意味でのプロです。ふ~ちゃんは今日も全力で走り続けます。



でも、彼女と同じように「あなたも走ったら」と言う事じゃない。人を頑張らせるのが仕事の目的ではありません。一人の人間が頑張っていることで、誰かが自然と頑張るようになる。
人間力のある人は、人にヤル気の影響を与えることができます。うちでは、ふ~ちゃんもその一人です。おっ?バテそうやなあ。 走れ!ふ~ちゃん、誰かのために!!




「娘、ハンガリーに行っちゃってます」事務所 元吉清美

 元吉さんはNCに入社して8年。家族は4人、お父さんはコンピューターのエンジニア。お兄ちゃんは大学4年で就活中。妹さんが実は去年の8月からハンガリーにバレヱ留学しました。このバレヱ留学って、あのアタック~~!!のバレーじゃなく、クラシックバレヱです。実はクラシックバレヱを習わしている知り合いの中三の親に、「うちのスタッフの子どもさんがハンガリーにバレヱ留学してね」って話したら、「スゴ~~~い。並じゃあ留学推薦なんて絶対に受けられないですよ。超できる子じゃないとぉぉ。すご~」って言ってましたから、本当にスゴイことなんでしょう。「元吉さん、娘さんがハンガリーに留学されて半年近くなりますが、近況はどう?」

「まだまだ慣れなくて、ホームシックとの戦いが続いているようで、ハンガリーでの生活をエンジョイするというところまでは行ってないです。」「お正月には帰ってきたんだよね・・」
「はい、一週間ほど居ましたが、ハンガリーに向かうのに必要なものを揃えるのでバタバタして、あっという間に過ぎてしまいました。」「バレヱのレッスンは進んでいるよう?」「レッスンは受けています。ただ、今回は、バレヱの話は話題にならなくて、それよりとにかく、慣れない生活が大変なようですが頑張っています。皆様には、いつもお心にかけていただいてありがとうございます。」「そりゃあそうだよなあ・・ハンガリーかぁ・・、名古屋じゃないもんなあ・・・」


ハンガリーのバレヱ留学の予定は3年だそうです。また、異国の地のハンガリーでバレー留学している元吉さんのお姉ちゃんのガンバッテル近況報告、おいおいしていきますね。私たちNCはバレエ留学でガンバッテル元吉くんのお姉ちゃんを応援してます!!



いつもの散歩道~ 早春の風が吹く「大道沢緑道」~

 1年前から雨が降ろうが、雪が降ろうが、毎日の朝夕「健康のため」に会社の近所にある「大道沢緑道」を30分歩いています。
今年の冬は寒くで雪も降りましたが、スタッフたちが誕生日にプレゼントしてくれた、マイナス35度極寒対応の「ファー付きウールリッチのダウン」で乗り切りました。この「ウールリッチ」、まるで布団着て歩いているようで、とっても温かい。この冬、本当にこれで救われました。
さて、今日の早朝の5時、いつものように緑道をライトを照らしながら歩いていましたら、暗闇の中に「おお、梅があぁぁ・・」



「あっ・・、椿がぁ・・」静かに咲き始めてます。少しずつ早春の風が吹きつつある「大道沢緑道」です。


NCの日々是好日
「腰を据えて入ります!!日本橋三越本店」

伊勢丹新宿店メンズ館ウォータークリーニング 廣瀬智子



伊勢丹新宿店メンズ館ウォータークリーニングにNCスタッフとして通い出して早9年。そして今年から腰を据えて日本橋三越本店ウォータークリーニングに入ることになりました。
  
日本橋三越本店は、平成28年(2016年)7月、本館が国の重要文化財に指定されました。現在の建物は、昭和10年(1935)に完成、ルネッサンス式建築の威容を誇り、当時は「国会議事堂」「丸ビル」に次ぐ大建築物でした。



本館正面玄関には待ち合わせの場所として親しまれる「三越の守護神」とも言うべき「ライオン像」がお客様をお迎えし、メイン通路を抜けると、その豪華絢爛な美しさの、「天女(まごころ)像」がひときわ目をひきそびえ立っています。



この像をいただく中央ホールでは、各種催物やトークショーなどが日々開催されるイベントスペースとしてお客様に親しまれています。
中央ホールのメイン階段をあがると、美しい音色を奏でる「パイプオルガン」が設置されています。このパイプオルガンによる生演奏は毎週水・金・土・日曜の週4回行われ、お客様に喜ばれています。
この中央ホールからパイプオルガンをつなぐメイン階段。重厚感のある大理石をふんだんに使用しているのですが、じっくり目を凝らしてみてみると、アンモナイトなどの化石ががはっきりと確認いただけます。
このほかにも、本館6階には、歌舞伎・演劇等が催される三越劇場が、本館屋上には三圍神社などが、百貨店ではめずらしい施設として、多くのお客様に喜ばれています。その日本橋三越本店での最初のミーティングは、なんと天女像とパイプオルガンのある中央ホールで・・・。
正直言って歴史の重さに鳥肌立って舞い上がりました。紳士の営業部長がミーティングの最後に「お客様の懐に入って商売させてもらうのが日本橋三越本店のやり方です。この三越のやり方に対してかかせないのが今日紹介するウォータークリーニングです。値段は少し高いですが、お客様は皆様ご納得される仕上がりです。是非、お客様をご紹介していただけばと思います。」と、各階のフロアマネージャーたちにとても力強くアピールして下さいました。
いや~~~~~、この私があそこまで緊張したのは初めてデス。頑張ります!そして皆さん、サポート宜しくお願いします。








-社内報

執筆者:

関連記事

第4号(6月2018年)

ボスの今よりも もっとよく 「三越日本橋本店に見る日本の『もてなし』文化」②   ~「野生の威厳」~ 野生の威厳 スフィンクスは問いかけて人を試したが このライオンは人に答え続ける存在だ 私たちの心は …

第2号(4月2018年)

ボスの今よりも もっとよく「人は運で決まる」 あの経営の神様と言われた松下幸之助さんは、よく普段から、「私は運が良かったから成功したんや」「人は運で決まるんや」と言われていたそうです。  新人社員や幹 …

第3号(5月2018年)

ボスの今よりも もっとよく 「三越日本橋本店に見る日本の『もてなし』文化」 「もてなす」という動詞は、本来「以って、成す」ということ。相手の気持ちや立場を思いはかって、自分のできることをしてあげること …