思い出の時が甦るウォータークリーニング

未分類

「鼻で呼吸する」11/28(日)

投稿日:

 

悩んでいる人、イライラしている人、

鬱の人、病気の人は呼吸が浅いです。

息をしていても、肺の奥、

ましてやおなかにまで酸素と気が届かずに、

「首」で呼吸が終わっている感じです。

 

これでは慢性的な酸欠状態が続き、

体の細胞は弱るばかりです。

体が弱ると心も弱ります。

 

呼吸する時は、

●鼻からゆっくりと息を吸い込み、

おなかのへそ下をふくらませるように意識

します。

そして、おなか全体で息を吸い込みます。

 

●息を吐くときは、口でも鼻でもいいです。

息を吐く時間は、吸い込む時間よりも長く

時間をかけます。

 

●この呼吸をしながら、

意識できるときでいいので

「生かしていただいて ありがとうございます」

と感謝します。

 

この鼻からの呼吸は、肉体にも心にもとても

重要です。

口から空気を吸入すると、雑菌も体内に入り、

肉体の免疫力が低下します。

そして、身体の新陳代謝が低下して、

肥満体になりやすくなります。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

-未分類

Copyright© , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.