思い出の時が甦るウォータークリーニング

未分類

「今だけに集中して頑張る行動は、知らずに未来を変えている」10/1(金)

投稿日:

 

「今の目の前のことに努力する」

 

これが今を生きる、今の中に没頭するという

道元さんが目指した「作務(仕事 )を通じ悟り」

にも到達し得る事となります。

 

仕事や家庭で受けるどんな苦痛も、

自分の魂を大きくするチャンスに自分で出来ます。

 

仕事を通じて、家庭の困難を通じて、

あるいは幸福感を通じて、人は今を喜び今を受け入れる

ことは可能です。

 

そうすれば、どんな状況でも活力が湧きます。

 

そしていずれは、すべての現状もあれよあれよと必ず

変わっていくのです。

 

とにかく

今の先を心配する時間があれば、今すぐ動きましょう。

 

現状で集中して働けば、見えてくることが、分かることが、

必ずあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

体重62.6㎏  血圧127-73-59    体温35.5

感じたら即行動。今日は久々に横内に行ってみます。

全身を検査して根本的な体質改善に入ります。

有難いですね。

この時期、個も全体も、流れは全て根本問題の昇華と改善の

方向に向かっているので。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

年相応という言葉があります。

いつも起きたらタニタの体重計に乗って体重と肉体年齢を

見ます。おおよそ54歳。実年齢が64歳だから10歳若い。

「そうだろうなあ・・」

筋肉や運動的な感覚はあっても、

トータル的にはやはり年相応の感じがしています。

 

だから、

まだまだ若い!みたいなお調子に乗るのではなく、

やはり家系の遺伝的要素もしっかり受け継いでいるので、

常にバランス感覚を大切にしていくことだと自覚しました。

 

ただし、この10月はしっかりと自分自身を鍛え直す月と

決めましたので、マメに体を鍛え、マメに休息を取り、

マメに食事のバランスを取っていきます。

 

そのためにはしっかり感性を働かせ、今必要な情報を得て

感じて動く。そして学び、実践し、その内容を身に付ける。

今日は久々に中野の横内に行って、肉体のトータル診断と

具体的な改善内容のレクチャーを受けてきます。

 

そして、後は実践。この繰り返し。

若い時や60歳までは健康のことをここまで考えたことは

ありませんが、年相応なのでしょう。しっかり自分の心身

と向き合わざるを得なくなる。

 

で、思います。年相応、向き合うようになるからこそ、

人間的に熟していてくのだと。

 

いつまでも「若いぜ!」って気持ちだけだったら、

人間の値打ちも実に薄っぺらいものになってしまう。

老いていきながら、その老いを感じながら、

その老いと共に生きて行くからこそ、人としての

内面が育まれていくのだ・・・と。

 

今日の朝は、そんなことを感じていました。

 

次の新しい世界を見て還るためには、

今というこの時期が必要なのでしょう。実感しています。

 

 

 

-未分類

Copyright© , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.