思い出の時が甦るウォータークリーニング

未分類

「変わることを恐れない」1/29(金)

更新日:

 

時代が変われば、

 

考え方や価値観が変わっていくもの。

 

守るべき道徳的な中心の部分は変わってはいけないけど、

 

変わらなければいけないものは執着することなく変化していく。

 

とにかく柔らかい頭で、

 

時代の流れに乗って変化し続けていこう。

 

 

 

 

 

 

 

お釈迦様の教えに

 

一、「この世のすべての物事は必ず変化します」

(諸行無常・しょぎょうむじょう)

 ≪変化していくんだから、心配するな。慌てるな。≫

 

二、「この世のすべての物事は、苦しいことも伴います」

(一切皆苦・いっさいかいくう)

≪ただし、今の幸せも変化して変わって行くから、

 別れという苦しみを持つことも忘れるな。その事実から

 目を逸らさず覚悟して生きなさい。≫

 

三、「この世のすべての物事は、

自分のモノは何一つありません」

(諸法無我・しょほうむが)

≪初めから、この世には自分のものは何もない!と思って

いれば気楽に生きれるのです。≫

 

という真理があります。

 

これらは要するに、

「執着しない」

「執着しないからこそ、それを真から楽しめる」

「変な執着がないからこそ、逆に思い切り頑張れる」

「執着しないからこそ、逆に多くのものを得れる」

 

そして、深くお釈迦様の伝えたかったことを

理解していくと、

「なんだ、

すべては深刻になるんじゃなく、目の前の流れに身を任せ

気楽に頑張っていけばいいじゃないか」

と、腑に落ちてきます。

 

 

結局は、

自分なりの最善の努力をしながら、

  • 執着しない。
  • 「こうなったらいいなぁ」と、良い状態を軽く希望する。
  • 最終的には自分はこの世で何も持てないことを認識覚悟しておく。

 

このように真理の法則に従って生きていると、

この世が最高に楽しい世界へ変わっていきます。

つまり実は「一切皆苦は(思う通りに執着するから苦しむ)

→一切歓喜(執着せず流れに身を任せればすべてを受け入れ人生を

楽しめるんだよ。)」というのが、お釈迦様のオチなのです。

 

うちの会社はまったくこの「一切歓喜」を地でいっているような

稀有な会社です・・。

 

スタッフたちはいつも驚いてますけどね、

通常では考えられない成り行きに。

 

 

  • GINZA編集部の篠崎さんへ

 そうですか、しっかり読んで頂きましたかぁ。よかったです。

 またお会いして楽しく深いお話に花を咲かせましょう。

 

 

●今日は3階の道場でリモートによる「シニアトレーニング」です。

●佐々木さん。ちょっとした気遣いありがとうございます。

最終の詰め、未来を見据えて宜しくお願いします。

2月は繁忙期を見据えた具体的な「サービス力」「技術力」「人間力」の

実践的な研修をどんどん行っていく予定です。

 

-未分類

Copyright© , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.