思い出の時が甦るウォータークリーニング

未分類

「他人を批判したくなったら「自分はどうよ?」と考えてみる」1/27(水)

更新日:

 

人は、他人に厳しく、

 

自分に甘くなりやすい。

 

だからこそ、人を批評批判したくなったら、

 

まずは自分の言動を

 

しっかりチェックしてみよう。

 

そうすると、

 

「人のことは言えないなあ・・」というところが

 

いっぱい見えてくるもんです。

 

 

 

今日は新型コロナウイルスのお話しです。

●新型コロナウイルスの感染者には、

・手足の指のシモヤケ

・毛細血管の血流障害

・血液がドロドロ化して、心臓や脳の血管が詰まり、

違う深刻な病気発展する。

そしても後遺症の一つに脱毛がある、という。

ヤバイじゃんかぁ(◎_◎;)!!

 

つまり、新型コロナウイルスは治療しても、

・その後の約一年間は、

・次は血流障害による心筋梗塞や、脳血管からの脳梗塞に注意が

必要。

・そのサインは、脱毛や冷え性。

 

これの対策としては、

・適度な運動習慣が大切。  ≪自重と筋トレヤッテマスヨ~~!!»

・小まめな水分補給の習慣。 ≪毎日3リットル飲んでますヨ~!!»

・食事が大事。甘いモノよ  ≪糖質制限して高タンパク質

り、酸っぱい系の飲食を  低カロリーと梅干心掛けてますヨ~!!»

中心にする。

 

※昨年8月からジムに通い出した意味はそういうことだったのか・・・。

御蔭でNCのスタッフ全員が私の影響を受けて上記の内容を意識し

行動するようになりましたしね。

つまり、

・新型コロナウイルス=血流対策が運命を分ける。

・治療しても、血流を意識した生活習慣が大切になる。

・年に一度は、血液検査で、糖尿・肝臓・腎臓などの項目に注意して

検査し、医師の診察と診断を受ける。

・肝臓・腎臓予防のためお酒は飲まなくなりましたヨ~!!

≪2月4日 君津医療センターには半日人間ドック行って来ますヨ~!!»

 

振り返ってみれば相変わらず「直感」「閃き」が働いて、

無意識に(先祖の導きでしょう)新型コロナウイルスに対しての

危機管理防衛対策が自然に出来ているではあぁ~りませんかぁ・・・。

何より一番悪いのは過度のストレス。

無意識に危機管理防衛対策を実施していたわけですが、

極度に自分を追い込んでとか、ねばならない意識の義務感や責任感

でやってるわけではなく、ほぼほぼ楽しくやっているので

「これでいいんだぁぁ」と納得。

天変地異の危機管理のテーマも「いつでも来いよ!とリラックス」

ですからね。直感、閃き、やれることはキッチリやってますんで。

 

それより昨日15年前に履いていたポールスミスの綿やコットン

パンツ履いてみましたが、ポールスミスのMのウエストが73で

すから、「う~~~ん、後4キロですね、体を締めるのは」。

それが可能になると、おおよそ昔の洋服が当たり前のように着れ

ます。勿体ないし、この変革期にもはや買う必要なんてないからね。

また、新たな目標設定が出来ました。

 

天変地異の危機管理としては、

静岡沖の駿河湾で、体長1メートルを超える新種の深海魚が見つ

かったということは・・。もし、駿河湾で異変が起これば、

関東は超注意が必要となります。

いつ来るのか、東京直下型、そして南海トラフ・・。

要注意、要注意。

2021年から2031年の10年間は人類の大峠、大峠。

 

-未分類

Copyright© , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.